グルコサミン通販ナビ - 主な働きと気になる副作用とは?TOP > 基礎知識 > 加齢で減少する原因とは?

加齢で減少する原因とは?

 

コンドロイチンという成分は、もともと体内の軟骨を形成しています。

 

また、潤いを出しているヒアルロン酸を生成する元でもあります。

それによってグルコサミンが生成されています。

 

しかし、加齢と共にこのグルコサミンは減少してしまいます。

 

減少することで、コンドロイチンうあヒアルロン酸も生成されなくなってしまいます。

 

そうするとどうなるかと言うと、軟骨が生成されなくなったり、潤いが無くなったりしてしまうことに繋がってしまいます。

 

潤いは関節を滑らかにするだけではないので、肌のハリ、艶も失うことになると言えます。

 

特に、グルコサミンからコンドロイチン、ヒアルロン酸に変わるまでの過程には、「N-アセチルグルコサミン6リン酸」が誕生します。

 

この部分の減少も大幅となるので、潤いが大幅に失われてしまうことになってしまいます。

 

こうなると加齢を止められなくなりますね。

 

グルコサミンが減少するのも仕方ないですよね。

 

それなら、体外から足りない部分を補給すれば良いという事になると思います。

 

グルコサミンが体内で作られるピークは生まれた時です。

 

残念なことに、あとは減っていく一方だそうです。

 

20歳には半分になっているそうで、50代以降になれば1/5だと言われています。

 

この減少具合は凄いものになりますね。

 

そして、減少によって表れる症状は40代以降から見え始めます。

 

肌が乾燥したり、シワ、たるみが目立つようになります。

 

50代を境に関節なども痛くなってきます。

 

それらが加齢でそうなるのが分かっているのなら、少しでも予防するためにグルコサミンのサプリメントを摂取して補っておく必要がありますね。

 

このようにすることで、肌の乾燥を防げるようなりますよ。

 

また、関節痛の痛みを改善させたりすることも出来るようになるのでお勧めです。

 

基礎知識記事一覧

加齢で減少する原因とは?

コンドロイチンという成分は、もともと体内の軟骨を形成しています。また、潤いを出しているヒアルロン酸を生成する元でもあります。それによってグルコサミンが生成されていま...

生成量が減るとどうなる?

体内で生成できる成分には色々なものがありますよね。その中の一つにグルコサミンがあります。グルコサミン生成量は、生まれた時が一番のピークと言って良いでしょう。...

不足するとどうなる?

本来、グルコサミンは身体の中で生成されている成分です。しかし、加齢と共にその生成量は減少傾向になり、20歳くらいになると生まれた時の半分になってしまいます。そして、...

体内での役割とは?

グルコサミンの成分は、私達人間を含めた動物の軟骨、皮膚、またはカニやエビといった甲殻類の甲羅に含まれています。ご存知でしたか?次にサプリメントに関しては、甲殻類から...

変形性関節症との関係

関節を曲げたり伸ばしたりする場合、関節と関節の間でクッション的な役割を果たしているのが軟骨になります。しかし、加齢やグルコサミン不足によってその軟骨は擦り減ってしまいます。...

リウマチとの関係

あなたは、リウマチに悩まされていませんか?リウマチの症状を改善させていくためには、どうすれば良いのでしょうか。これについても、変形性関節症と同じようにグルコサミンを...