グルコサミン通販ナビ - 主な働きと気になる副作用とは?TOP > 基礎知識 > 不足するとどうなる?

不足するとどうなる?

 

本来、グルコサミンは身体の中で生成されている成分です。

 

しかし、加齢と共にその生成量は減少傾向になり、20歳くらいになると生まれた時の半分になってしまいます。

そして、50代以降になるとなんと1/5位の生成量になると言われています。

 

そこまで減少してしまうんですね。

 

そのようにグルコサミンが不足してしまうことで、身体の色々な所に色々な障害が現れてくるようになります。

 

では、一体どんな症状が出てしまうのでしょうか。

 

主な症状としては、関節痛になります。

 

グルコサミンと関節には関係があるようです。

 

骨と骨の間に軟骨がありますが、それはクッション的な役割をしています。

 

その軟骨を形成している成分がグルコサミンなんです。

 

そのため、グルコサミンが不足すると軟骨が生成されなくなり、それによって関節が上手く回らなくなったりします。

 

言い換えると、痛みが生じてくるという事になりますね。

 

これは、簡単に言うと「変形関節症」という病気になります。

 

酷いと歩行困難になることもあるので、充分注意する必要がありますね。

 

この症状を軽く見ないようにしておきましょう。

 

変形関節症は、急に痛み始めることはありません。

 

徐々に徐々に進行していく症状です。

 

そして、関節がある部分でならどの関節でも起こり得る症状とも言えます。

 

その中でも特に現れやすい箇所が膝の関節ですね。

 

膝は全体重を支えて歩いていて、その分負担がかなり大きいようで痛みが出やすいと言われています。

 

なので、「何となく関節部分に違和感を感じるな」と思ったら、グルコサミンが不足しているというサインでもあります。

 

だからと言って放っておかないように!

 

1ヶ所痛み始めたら、他の関節も痛み始めるようになります。

 

そうなったら、定期的にグルコサミンを摂取して身体の中に補うようにして下さい。

 

その必要があるとも言えますね。

 

基礎知識記事一覧

加齢で減少する原因とは?

コンドロイチンという成分は、もともと体内の軟骨を形成しています。また、潤いを出しているヒアルロン酸を生成する元でもあります。それによってグルコサミンが生成されていま...

生成量が減るとどうなる?

体内で生成できる成分には色々なものがありますよね。その中の一つにグルコサミンがあります。グルコサミン生成量は、生まれた時が一番のピークと言って良いでしょう。...

不足するとどうなる?

本来、グルコサミンは身体の中で生成されている成分です。しかし、加齢と共にその生成量は減少傾向になり、20歳くらいになると生まれた時の半分になってしまいます。そして、...

体内での役割とは?

グルコサミンの成分は、私達人間を含めた動物の軟骨、皮膚、またはカニやエビといった甲殻類の甲羅に含まれています。ご存知でしたか?次にサプリメントに関しては、甲殻類から...

変形性関節症との関係

関節を曲げたり伸ばしたりする場合、関節と関節の間でクッション的な役割を果たしているのが軟骨になります。しかし、加齢やグルコサミン不足によってその軟骨は擦り減ってしまいます。...

リウマチとの関係

あなたは、リウマチに悩まされていませんか?リウマチの症状を改善させていくためには、どうすれば良いのでしょうか。これについても、変形性関節症と同じようにグルコサミンを...