グルコサミン通販ナビ - 主な働きと気になる副作用とは?TOP > 基礎知識 > 変形性関節症との関係

変形性関節症との関係

 

関節を曲げたり伸ばしたりする場合、関節と関節の間でクッション的な役割を果たしているのが軟骨になります。

 

しかし、加齢やグルコサミン不足によってその軟骨は擦り減ってしまいます。

こうなると、痛みなどの症状が現れる場合があるので気をつけましょう。

 

この症状を簡単に言うと、「変形性関節症」という事になります。

 

それは、体中の関節(主に膝、肘、腰、股関節)にこの症状が起こる可能性があります。

 

当たり前の事ですが、もともと関節には軟骨がありますよね。

 

軟骨はクッション的な役割をしていて、それで重力や衝撃を和らげてくれます。

 

更には、関節同士の摩擦を妨げています。

 

先ほど記述したように、加齢やグルコサミン不足によってその軟骨が擦り減ってしまいます。

 

そうなると、関節も変形してしまうので変形性関節症という症状になってしまうわけです。

 

若い人というより50代以上の方によく見られる症状ですね。

 

どんな症状かと言うと、例えば「ちょっと歩くだけ」とか「階段を上ったり下がったりするだけ」とかで膝が痛くなります。

 

そういう事が多い症状かもしれませんね。

 

変形性膝関節症の場合は、酷くなると日常生活に支障を出してしまうくらい痛みが起こります。

 

そこで、擦り減ってしまった軟骨を少しでも補強してあげるようにしたいものですね。

 

その為には、グルコサミンという軟骨の主成分を体外から補う必要があります。

 

これが重要になりますね。

 

定期的に補うことで軟骨が補強されていくので、変形性関節症の痛みが解消されるようになりますよ。

 

また、症状の進行を止めることが出来るので、常にグルコサミンは補給してあげるようにしましょう。

 

そうする方が良いという事になりますね。

 

日本では、変形性関節症の治療にグルコサミンが効果的だと言われるようになったのは最近ですが、ヨーロッパでは昔からグルコサミンを関節症の治療として使うように言われ、早くから注目を集めています。

 

基礎知識記事一覧

加齢で減少する原因とは?

コンドロイチンという成分は、もともと体内の軟骨を形成しています。また、潤いを出しているヒアルロン酸を生成する元でもあります。それによってグルコサミンが生成されていま...

生成量が減るとどうなる?

体内で生成できる成分には色々なものがありますよね。その中の一つにグルコサミンがあります。グルコサミン生成量は、生まれた時が一番のピークと言って良いでしょう。...

不足するとどうなる?

本来、グルコサミンは身体の中で生成されている成分です。しかし、加齢と共にその生成量は減少傾向になり、20歳くらいになると生まれた時の半分になってしまいます。そして、...

体内での役割とは?

グルコサミンの成分は、私達人間を含めた動物の軟骨、皮膚、またはカニやエビといった甲殻類の甲羅に含まれています。ご存知でしたか?次にサプリメントに関しては、甲殻類から...

変形性関節症との関係

関節を曲げたり伸ばしたりする場合、関節と関節の間でクッション的な役割を果たしているのが軟骨になります。しかし、加齢やグルコサミン不足によってその軟骨は擦り減ってしまいます。...

リウマチとの関係

あなたは、リウマチに悩まされていませんか?リウマチの症状を改善させていくためには、どうすれば良いのでしょうか。これについても、変形性関節症と同じようにグルコサミンを...