グルコサミン通販ナビ - 主な働きと気になる副作用とは?TOP > 基礎知識 > リウマチとの関係

リウマチとの関係

 

あなたは、リウマチに悩まされていませんか?

 

リウマチの症状を改善させていくためには、どうすれば良いのでしょうか。

これについても、変形性関節症と同じようにグルコサミンを体内に補給することが必要です。

 

それと併せて、免疫バランスを整えることもポイントになりますね。

 

これによってリウマチを改善することが出来ます。

 

それが要求されるとも言えますね。

 

さて、リウマチと変形性関節症の関係ですが、一見症状的には関節が痛いという事がありますよね。

 

似たような病気だと思います。

 

実際にそう思っている人もいますが、実はリウマチというのは自己免疫疾患の1つだと言われています。

 

これを簡単に言い換えると、この2つは基本的には全く違う病気であるという事です。

 

変形性関節症は、加齢によってグルコサミンが減って関節の間にある軟骨が擦り減りますが、リウマチの場合は免疫異常によって炎症が起こります。

 

そして、関節周りの組織を壊してしまうことによって引き起こされる症状です。

 

そのため、リウマチを治療する場合には、グルコサミンサプリメントと併せて免疫バランスを整えるサプリメントを摂取することをお勧めします。

 

そうすると良いですね。

 

ちなみに、グルコサミンの摂取の仕方がありますが、食べ物から摂取するには含まれている量が微量になるため大変です。

 

毎日鰻やフカヒレ、山芋、干しエビなどを摂取するのは結構大変だと思います。

 

しかし、食べないより食べた方が良いですね。

 

また、予防ではなくリウマチの症状が既に出ている場合には、沢山のグルコサミン(1日約1500mg以上)を摂取して下さい。

 

グルコサミンは、体内に摂取してから1週間〜2週間位から効果が現れます。

 

そして、摂取し始めてから2ヶ月〜3ヶ月くらいにはリウマチの症状も改善されていると思います。

 

あなたもぜひ、グルコサミンの力を感じてみてはいかがでしょうか?

 

基礎知識記事一覧

加齢で減少する原因とは?

コンドロイチンという成分は、もともと体内の軟骨を形成しています。また、潤いを出しているヒアルロン酸を生成する元でもあります。それによってグルコサミンが生成されていま...

生成量が減るとどうなる?

体内で生成できる成分には色々なものがありますよね。その中の一つにグルコサミンがあります。グルコサミン生成量は、生まれた時が一番のピークと言って良いでしょう。...

不足するとどうなる?

本来、グルコサミンは身体の中で生成されている成分です。しかし、加齢と共にその生成量は減少傾向になり、20歳くらいになると生まれた時の半分になってしまいます。そして、...

体内での役割とは?

グルコサミンの成分は、私達人間を含めた動物の軟骨、皮膚、またはカニやエビといった甲殻類の甲羅に含まれています。ご存知でしたか?次にサプリメントに関しては、甲殻類から...

変形性関節症との関係

関節を曲げたり伸ばしたりする場合、関節と関節の間でクッション的な役割を果たしているのが軟骨になります。しかし、加齢やグルコサミン不足によってその軟骨は擦り減ってしまいます。...

リウマチとの関係

あなたは、リウマチに悩まされていませんか?リウマチの症状を改善させていくためには、どうすれば良いのでしょうか。これについても、変形性関節症と同じようにグルコサミンを...